都立病院薬剤師求人ランキング

都立病院薬剤師求人TOP >> ここだけは押さえよう >> 都立病院の薬剤師の面接試験

都立病院の薬剤師の面接試験

薬剤師が都立病院で働きたい場合には面接試験をクリアしなければなりません。調剤薬局や製薬会社といった一般的な薬剤師の就職先とは異なり、都立病院では面接が試験に組み込まれており、「そつなくこなす」だけではなくプラス評価に結びつくような内容が求められます。

東京都における薬剤師試験ではまず1次試験として一般教養と専門的分野の試験が実施されます。その段階で合格した人だけが2次試験として面接試験を受けることができるのです。そのため受験した人のだれもが面接までたどり着くわけではないのがまずポイントです。そして面接試験の内容が最終的な採用の有無を決める判断材料にもなります。なお、東京都の薬剤師の面接試験では主にその人の内面に関する面接が個別に行われます。

新卒にしろ、転職を目指す場合にしろ、薬剤師は面接慣れしていない面もあります。それだけに都立病院の面接試験の対策に戸惑ったり、不安を感じるケースが多いようです。具体的にどのような内容となるのか、人物を判断する面接だけに質問内容は専門的なものよりも一般的なものが多くなることが予想されます。また概要では「口述」と書かれているため、ただ質問に淡々とこたえるだけでなく、自分の意見をしっかりと言葉にして説明できる能力も問われそうです。調剤薬局で黙々と調剤業務を行っていた人、製薬会社で研究部門で働いていた人などはあらかじめ対策が必要となるでしょう。一方ドラッグストアやMR、品質管理薬剤師など人と接する機会が多く、コミュニケーション能力が問われる職種に就いていた人は有利に面があります。

このように、都立病院の薬剤師の面接試験では事前の準備と対策が不可欠といえます。ただ、人物を見る面接ですから、他の職業の面接でも通用する一般的な常識・マナー、知識さえ踏まえておけば充分に対応できる部分もあります。お勧めの対策方法としては人材紹介会社の利用が挙げられます。キャリアアドバイザーのアドバイスを受けながら面接対策を行っていくことができるでしょう。薬剤師はもちろん、どの職業でも通用する最低限の面接の基本を教えてもらいつつ、都立病院の面接試験で役立つようなちょっとしたコツなども教えてもらえるかもしれません。

プラス評価に結びつくような内容が求められると書きましたが、あまり過剰になって自己アピールに励むと逆効果になる恐れがあります。自分の長所、職場への適性を客観的に言葉で説明できるよう準備しておくことが第一となるでしょう。それさえできれば自然と常識をわきまえた人物として評価してもらうことができるはずです。

都立病院の薬剤師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 都立病院薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.