都立病院薬剤師求人ランキング

都立病院薬剤師求人TOP >> ここだけは押さえよう >> 都立病院の薬剤師の自己PR・履歴書

都立病院の薬剤師の自己PR・履歴書

薬剤師が就職・転職活動を行っていく上で重要な鍵を握るのが自己PRと履歴書です。もともと離職が多い職業であること、職場の選択肢が増えていることから、自分がどのようなスキルとキャリアを持ち、どういった分野で活躍できるのか、「使える人材」かどうかを自己PRと履歴書でうまくアピールする必要があるのです。

では都立病院への就職・転職を目指す場合の薬剤師の自己PR・履歴書はどのように作成していけばよいのでしょうか。都立病院だからといって特別な注意点はなく、基本を踏まえたうえで作成していくことが第一です。つまり簡潔で、職場の業務内容をよく理解したうえで適性をアピールすること。都立病院の採用は試験によって決められるため、それほど自己PRと履歴書の比重は高くないため、あまり神経質に考えなくてもよいかもしれません。ただもちろん、アピールできる材料があれば強調しておくに越したことはありません。

まず都立病院ではどのような業務を行うのか、その中で自分がどう役立つことができるのかを踏まえたうえで自己PRを作成していきましょう。調剤業務が主な役割となるわけですが、調剤薬局に比べてその業務内容は幅広く、注射用の調剤や入院患者を対象とした薬剤の調剤、さらに医薬品の管理、医薬品に関する情報収集、さらに治験業務にもかかわる場合もあります。基本的にどの分野を担当することになるかは採用後に決められることになりますが、希望がある場合にはその分野の適性やキャリアを強調しておくとよいでしょう。品質管理薬剤師の経験があれば医薬品の管理業務を担当する可能性が高くなりますし、MRとしての実績があれば医薬品に関する情報収集に適性ありと判断されやすくなります。

また、都立病院では薬剤師にも夜勤を担当する機会があります。調剤薬局や製薬会社での勤務では滅多に夜勤はありませんから、医療機関で働いた経験がある人は夜勤への適応力を自己PRに盛り込んでおくとよいでしょう。

履歴書に関しては特に注意点はなく、常識の範囲内で形式に基づいて作成することが大前提です。とはいえ初めての転職では戸惑うことも多いでしょう。そんなときには薬剤師専門の人材紹介会社を利用してみましょう。キャリアアドバイザーから履歴書の作成に関するアドバイスをしてもらうことができます。これで基本を踏まえつつ、自分なりにアレンジを加えることで自分の適性をアピールできる履歴書を作成することができるはずです。キャリアアドバイザーに最終段階でチェックしてもらうのもよい方法です。

都立病院の薬剤師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 都立病院薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.