都立病院薬剤師求人ランキング

都立病院薬剤師求人TOP >> ここだけは押さえよう >> 都立病院の薬剤師の採用試験

都立病院の薬剤師の採用試験

都立病院の薬剤師になりたいという人もいるでしょう。都立病院の薬剤師の採用の際の試験区分は、東京都職員特類Bでその他の試験区分に分類されます。さらに試験区分は薬剤Aと薬剤Bに別れ、薬剤Aは主な配属予定先が病院経営本部になり都立病院などに配属されます。主な職種内容は調剤業務になり、夜間勤務もあります。続いて調剤Bはというと、主な配属予定先は福祉保健局になり、健康安全研究センターなどになります。主な職種内容は薬局および医薬品製造業などに対して立ち入り検査や指導などを行ないます。皆さんが薬剤師としてイメージしているのは、薬剤Aの方が多いかもしれません。

では次に、どのような採用のプロセスを経て試験などを行なっていくのか見てみましょう。採用され仕事が開始される年の前年度、3月上旬にホームページで選考日程などが発表されます。見逃さないように注意しましょう。次に3月中旬に採用試験案内が配布されるので、これを手に入れるようにします。4月上旬に申し込み受付が始まりますが、1週間程度と期間が決まっているので気をつけなくてはいけません。そして5月上旬に一般教養と専門試験という筆記試験の一次試験を行ないます。6月上旬に一次試験の合格発表があります。次は7月上旬、口述による二次試験が行なわれ、二次試験の合格発表は8月上旬になります。10月1日に内定が決まり、年が変わり4月1日から採用という流れになります。

都立病院は広尾病院、大塚病院、駒込病院、墨東病院、多摩総合医療センター、神経病院、小児総合医療センター、松沢病院などがあります。それぞれの病院ごとに特徴があるので、都立病院で薬剤師として働きたいのであれば大まかでも良いのでそれぞれの特色を知っておいた方が良いでしょう。また、これらの病院は全て病床があります。なので薬剤Aを受けて働くことになると夜間勤務もあり、という意味になるのです。薬剤師という仕事は看護師や医師のように夜勤がないと思っている人も多いかもしれませんが、都立病院の場合、夜間勤務がある場合もあるので気をつけましょう。

勤務病院は3月の中旬頃決定されます。配属にいたっては希望を考慮してもらうこともできますが、退職や人事異動などもあるため希望が通らない場合もあります。しかしどのような病院が勤務先になったとしても、そこで頑張ろうと思う姿勢が大切です。最初は慣れるまで大変かもしれませんが、経験を積むことによって少しずつ慣れていくでしょう。

都立病院の薬剤師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 都立病院薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.