都立病院薬剤師求人ランキング

都立病院薬剤師求人TOP >> 条件別の都立病院の薬剤師求人 >> 50代向け

50代向けの都立病院の薬剤師求人

転職は、20代・30代が良いタイミングといわれています。薬剤師には明確な年齢制限がないため、40代や50代でも十分活躍することができますが、ただ転職となると年齢が高くなるにつれて困難になってきます。決して50代からは薬剤師として働けないというわけではありませんが、20代や30代に比べるとキャリアも身についていますし、自分なりのやり方というのも染みついてしまっています。そのため、どうしても”職場に馴染みにくい”というデメリットがあります。

とはいえ、これはあくまで個人の問題です。職場に馴染みにくい方が多いのは事実ですが、これまでの経験を新たなところで活かすことはできますし、スキルアップすることも十分可能です。また50代を欲しがっている求人は非常に多いといわれています。特に都立病院のように規模が大きい病院は、50代向けの薬剤師求人が多数あります。細かいこと(年収やモチベーションなど)を考えると転職しにくい年齢かもしれませんが、やる気があれば50代でも十分薬剤師として活躍することはできます。

ただ、重要な条件があります。それは、『経験値』です。これまで薬剤師として働いたことのある経験があれば、転職できる可能性はあります。それは、病院薬剤師でなくても構いません。調剤薬局でも、薬剤師としての十分なキャリアがあれば、新たな場所で薬剤師として働くことができます。

50代から薬剤師として働くためのポイントは、3つ。まず、自身の経験をしっかりアピールしましょう。50代の薬剤師にとって20代や30代の薬剤師に勝ることは『経験』です。薬剤師としての経験はもちろんのこと、人生経験も仕事に大きく影響します。そこをしっかりアピールできれば、転職の成功率もグンとアップするでしょう。次にモチベーションです。先にも述べましたが、50代になると『新しいところで馴染めるのか』という不安があります。強いモチベーションで挑むことができれば、やはり転職に成功することができるでしょう。

そして、”50代向けの薬剤師求人を探す”ことです。この場合、地方よりも都立病院のように都心部のほうが幅広い年齢層の求人募集を行っています。都立病院なら、広尾病院や大塚病院、多摩総合医療センターなどさまざまな病院があります。規模が大きいので設備も整っていますし、サービスも充実しているので50代からでも安心して転職することができるでしょう。 都立病院は非常勤やパートの求人も多いので、正規雇用にこだわらないのもポイントかもしれません。

都立病院の薬剤師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 都立病院薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.