都立病院薬剤師求人ランキング

都立病院薬剤師求人TOP >> 条件別の都立病院の薬剤師求人 >> 正規雇用

正規雇用の都立病院の薬剤師求人

定期的に薬剤師の求人を採用している都立病院では、正規雇用の募集は少ないといわれています。もちろんゼロというわけではありませんが、ほとんどの求人は臨時職員や契約職員になり、正規雇用の募集を行っている都立病院は数少ないでしょう。特に人気の都立病院になると、正規雇用の募集はないといっても過言ではないかもしれません。ですから、随時薬剤師求人の募集をチェックすることをオススメします。

また都立病院の薬剤師になるためには、採用試験に合格しなければいけません。正規雇用の募集があった場合でも、もちろん試験に合格する必要がありますから、それをクリアしてようやく薬剤師として働くことができるようになります。まず都立病院の場合、東京都職員特類Bでいくつかの試験区分に分けられます。この試験区分は『薬剤A』と『薬剤B』に分類され、都立病院は薬剤Aに配属されます。そして、調剤業務が主な仕事になります。病院によっては夜間勤務があるところもあるでしょう。一方で薬剤Bは福祉保健局に配属されるため、同じ薬剤師でも主な業務は薬局や医薬品製造業などになります。そして、これらの場所で立ち入り検査や指導などを行うのも、薬剤Bに配属された薬剤師の大切な業務になるでしょう。ここでは都立病院の薬剤師について説明していますから、薬剤Aということになります。

試験は、採用され仕事をはじめる前の年、3月上旬に公式サイトにて詳細が発表されます。毎年選考日程は異なりますので、薬剤師として働きたいと考えている方は、見逃さないようにしっかりチェックしておきましょう。3月中旬には採用試験の案内が配布され、4月上旬に申し込みがスタート。申込受付期間は1週間程度ですから、早めの申し込むことをオススメします。5月上旬に一般教養・専門試験の筆記試験(一次試験)が行われ、6月上旬に合格発表があります。一次試験に通ったら、二次試験が7月上旬に。合格発表は8月上旬になります。内定は10月1日、年が明け4月1日から採用。正規雇用で働く場合は、これらの流れで試験に受からなければいけません。もちろん、臨時職員や契約職員の場合でも同様です。

ちなみに、勤務する病院が決定するのは3月中旬頃になります。都立病院で薬剤師の求人を行っているところは、広尾病院や大塚病院、多摩総合医療センター、神経病院などが有名です。各病院ごとに特徴が異なり、正規雇用の募集の有無も違ってきます。事前にきちんと確認しておきましょう。

都立病院の薬剤師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 都立病院薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.