都立病院薬剤師求人ランキング

都立病院薬剤師求人TOP >> 条件別の都立病院の薬剤師求人 >> 激務でない

激務でない都立病院の薬剤師求人

病院勤務といえば激務であることが基本です。そのため、激務でない薬剤師求人を探すのは難しいでしょう。特に都立病院になると患者さんの人数も地方に比べると多いですから、残業もありますし定時で終わることはほとんどないといっても過言ではありません。そんななかでも、激務でない薬剤師求人は存在するのでしょうか?

結論からいいますと、存在します。ひと口に都立病院といってもさまざまです。地域によって特徴は異なり、東京都の薬剤師は『薬剤A』『薬剤B』といった2種類の採用方法になります。薬剤Aは、都立病院や医療機関での勤務が、薬剤Bは福祉保健局での勤務。ここでいう都立病院の薬剤師求人は『薬剤B』になります。都立病院の薬剤師の主な仕事は、医療機関で働いている薬剤師とほとんど変わりません。しかし、他の医療機関と違うところは”調剤業務以外もこなす必要がある”ことです。そのため、地方から都立病院の薬剤師に転職した場合、はじめて行う業務も少なくないでしょう。

このように、やることが多い都立病院の薬剤師ですから、どうしても激務になりやすいといわれています。それでも各病院で働いている薬剤師の数も多いですから、シフトローテーションがきちんと組まれており、激務でありながらもバランスは取れているでしょう。そのため、薬剤師の求人を見てみると『週休2日制』となっているところがほとんど。近年はこのようなシフトを組んでいる病院が増えているといいますが、従業員の数が多い都立病院なら、なおさらその希望を叶えることができるでしょう。激務でも、ほとんど休みが取れないということは少ないので安心してください。

ただ注意してほしいのは、”遅出と早出がある”ことです。都立病院はシフトが組まれていることが多いので夜勤になることは少ないですが、早出の場合は朝8:30頃から19:00頃までの勤務になります。遅出の場合、11:00頃から19:30頃までとなり、週休2日制の病院が増えているとはいえ、都立病院の場合隔週になることも否めないでしょう。薬剤師の場合は医師や看護師に比べると激務は避けられるかもしれませんが、患者さんに正しい処方を行わなければいけないため、来院があればそれにきちんと対応しなければいけません。

都立病院で薬剤師の求人を探す場合、そういったところにも目を向けてみると、ある程度希望に沿った条件で働くことができます。特に子育てをしている方は、なるべく激務は避けたいという方が多いでしょう。求人は給与だけでなく休みや勤務時間、残業の有無など細かいところまできちんとチェックしておくと安心です。

都立病院の薬剤師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 都立病院薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.